粗大ごみは持ち込みできる?直接搬入のルール

粗大ごみの搬入の際に気をつけたいことについて紹介しています。 - ゴミ処理にかかる費用について


ゴミ処理にかかる費用について

あなたはゴミ処理にかかる費用についてどれくらいか知っているだろうか。
今回はそのゴミ処理にかかる費用について紹介していこうと思う。

ゴミ処理にかかる費用

実際に家庭から出される、粗大ごみなどを除く不用品の処理にいくらかかるのだろうか。
産業廃棄物などでリサイクルできるものは、できるだけリサイクルやリユースし、処理すべき部分でかかってしまう費用は一人当たり平成15年のときには約15400円、平成24年には約13900円となっている。
これはごみの量の減少に伴い、費用も下がっていると言える。
これが全体になると19600億円だったのに比べ、平成24年には17884億円までの減額に成功している。
これにかかる費用というのは、主にゴミを集めて、施設まで運ぶのにかかる費用、焼却処理にかかる費用、施設を建設するための費用などである。
こちらにも(http://www.cjc.or.jp/j-school/a/a-3-3.html)詳しい費用の状態が載っています。

埋め立て地へ埋め立てられたゴミの量

実際にそのゴミ処理にかかる費用に伴い、1年間に埋め立てる最終処分量についても紹介しよう。
この最終処分量というのは、直接最終処分量と償却残渣量と処理残渣量をすべて足したもののことである。
あなたもこの現状を知り、毎年どれほどの費用がかかっているのかや、どれほどの量が出ているのかをしっかり理解しておこう。
いつかこの費用が人口増加とともに賄えなくなってしまうまえに、一人ひとりの気遣いでなんとかしていこう。
あなたのほんの少しの気遣いがこの数字を落とすことに繋がるのだ。

関連記事:

次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 粗大ごみは持ち込みできる?直接搬入のルール All Rights Reserved.