粗大ごみは持ち込みできる?直接搬入のルール

粗大ごみの搬入の際に気をつけたいことについて紹介しています。 - 資源・ごみの分け方、出し方


資源・ごみの分け方、出し方

あなたは資源・ごみの分け方、出し方を知っているだろうか。
今回はその資源・ごみの分け方、出し方について紹介していこう。
基本的には、その地域や街によってごみの出し方は違う。
それは、不用品の処理の仕方が管轄の違いによって違うからである。

産業廃棄物

産業廃棄物はそれを中心にして、廃棄物の処理及び清掃に関する法律をもとに処理の仕方が決まっている。
実際にこれは改訂が多く、数年前と現在では法律が変わっている可能性があるため、実際の法令を確認する必要がある。
これの処理方法は各市町村によって異なるが、主には排出した事業主が自ら処分するか、産業廃棄物処理業者に委託するか、それを再利用するように手を加えるかの3種類である。

粗大ごみ

これは粗大ごみ処理手数料券というものを各市町村の指定したものを購入し、この手数料券は地方自治体によって多少の違いはありますが、200円・400円・700円・1000円の4種類である。
そして受付センターで指定された収集日の午前9時までに指定された場所に出さなくてはいけない。
これは申し込みがなされていない物や、手数料券が貼られていない場合は収集されないため注意が必要である。
シールは一度貼ったら剥がすことができないため、間違ってはらないようにしなくてはいけない。
いずれにしても今の時代は、リサイクル・リユース・リデュースが基本である。
まずはゴミを出す前にこの3Rを意識して生活しよう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 粗大ごみは持ち込みできる?直接搬入のルール All Rights Reserved.